<< 願うのは、居てくれること | main | ワクチン >>

かれんだー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

2016.07.29 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2016.07.06 Wednesday 11:47

しゅうきょうのような

人が何を信じようが、それはその人の自由だろうと思う。
だけれど、それを人に押し付けたり、何の証拠もないことを事実として流布するのはよくないだろう。

ホメオパシー(自己治癒力を使う同種療法)ってなんとなく聞こえはいいけれど、そういうことだと思う。

 

もちろん、現代医療で治らない病気はたくさんある。
私も、アレルギーを抱えているから、食生活だったり肌に触れるものに気を遣ったり、ホメオパシーに縋りたくなる気持ちはわかる。


だからこそ、ホメオパシーで病気が治るというのなら、そのデータを示して欲しい。
「ホメオパシーで克服した人がいる」というのなら、その実効性を示すデータを見せてください。
薬や治療の膨大なデータが蓄積され、有効性が実証された上で現代医療があるように。


ホメオパシーは「効くというデータがない・原理が明らかになっていない」どころか「効かないというデータがある・効かない原理も明らかである」というのに、
ホメオパシーを肯定し、データも原理もある(あ、全身麻酔はないんだっけ…)現代医療を否定してしまうのは、どういった思考なの?

 

難病やコンプレックスに効くと言って根拠薄弱な情報を拡散する人や、それを利用して金儲けをするような人、『まともな根拠もないのに、弱みに付け込んで、金儲けをするような人種』を軽蔑します。
その被害に合う人が、一人でも減ることを願います。


公益社団法人 日本小児科学会:「ホメオパシー」への対応について(PDF)

2016.07.29 Friday

スポンサーサイト


コメント

コメントする









   

この記事のトラックバックURL

トラックバック